体臭が魚臭い原因は?魚臭症(トリメチルアミン尿症)の予防法や治療法は?

人間の身体に必ずある「体臭」。一般的に有名な体臭には、汗や皮脂による分解臭や酸化臭、ワキガ、加齢臭などが知られていると思います。これらは制汗剤や入浴剤などの医薬品を用いてある程度は抑えることが可能ですが、体臭の中には臭いを抑えることが困難なものもある。

スポンサードリンク



さて、あなたは魚が腐った臭い・魚の生臭い臭いという「体が魚臭い」と感じたことあるだろうか?そんな事あるわけないと思っている人も多いだろうが、これは魚臭症:別名トリメチルアミン尿症という病気であり、誰もがかかる可能性のある病のひとつです。

<魚臭症の原因とは?>

一般的な体臭は上記で述べたような汗や皮脂の分解臭か年齢による加齢臭ですが、魚臭症の場合は代謝異常が原因で起こるという研究結果が出ています。

魚臭症の特徴は、悪臭を発する体臭や口臭を引き起こすことです。これらの悪臭を放つ原因となっているのが「トリメチルアミン」という悪臭物質です。

・トリメチルアミンって?

タンパク質が変化することで発生する物質で、強い悪臭を伴う。魚で表すと鮮度が悪くなったり腐ったりすると、魚特有の生臭さが強くなりますよね。この時、トリメチルアミンが発生しており、それが原因で異臭を放っています。

スポンサードリンク



<なぜ体が魚臭くなる?>

では、なぜ体が魚臭くなるのだろう?それは、私たちが食事で摂取した食べ物が大きく関係している可能性がある。食べ物を食べた際、腸内細菌により分解される時に実は、トリメチルアミンという悪臭物質が発生しています。しかし、トリメチルアミンは肝臓で作られる分解酵素「フラビン含有モノオキシゲナーゼ」によって分解され通常は無臭化されます。しかし、何らかの原因で「分解酵素」が欠落してしまい、トリメチルアミンが体内に残り続けてしまい、血液にのって全身を巡り、やがて最終的には汗や呼気に混ざって排出され、体臭や口臭を魚臭くするとされています。

この分解酵素が欠落する原因としては、生まれつき遺伝的に欠如している「先天的」な場合と、肝臓の機能低下などにより酵素の働きが弱くなっている「後天的」な場合の二つに分けられています。

<予防法や治療法は?>

現段階では魚臭症の治療法は、まだ確立されていない様です。ですが、予防法としてはトリメチルアミンの元となる「コリン・レシチン・トリメチルアミンオキシド」という成分が含まれている食べ物を控えることで、体臭を軽減していけるそうです。

トリメチルアミンの元となる成分を含む食べ物って?

<体臭ケアの注意点>

誰もが気になる体臭ですが、気になりだすとどうしても、体を洗いすぎたりデオドラントの強い香りで誤魔化したりしますよね?しかし、これは逆効果になり、さらに悪臭を強めてしまう場合があります。そのため、体臭が気になりだしたら制汗シートでこまめに汗を拭き取って皮膚を清潔に保ったり、無香料タイプの制汗剤で汗を抑えたりする事から始めましょう。

また、食事療法の面から毎日の食生活を見直すことで体臭は大きく変わるようなので、食生活を見直すことも効果が期待出来ます。

<まとめ>

今回ご紹介した「魚臭症」は、非常に稀な病気の一つです。もし、万が一身体が魚臭いと感じたら医療機関に相談することが大切です。

人間の持つ独特な臭いを発する体臭は、その多くが体内環境の悪化や病気によるものです。また、一度体臭が気になりだすと止まらなくなり、身体だけでなく心までも駄目にしていきます。そうならない為に、体に負担のかからない生活習慣や早期治療を心がけ、健康的なカラダを維持できるようにしていく事が大切だと思います。

ご覧いただきありがとうございました。

スポンサードリンク



スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク