ヌードリング・ナマズ漁、スポーツで人気?衝撃の漁法!!

まず、「ヌードリング」という名称は、主としてナマズ漁に用いられている事が多いが、漁法や魚種を問わずに素手で魚を捕らえる漁全般を指すこともあるので注意しておこう。

他にも、ルアーやロッド、リールなどを用いない、さまざまな非伝統的漁法にも「ヌードリング」の名がつけられる。

現在、アメリカ合衆国50州のうちで11州のみで合法とされているアメリカ合衆国南部発祥のナマズ漁(ヌードリング)について調べてみよう。

スポンサードリンク




<漁法>

非常に単純、「素手でナマズを捕らえる」というコンセプト。

ヌードラーは、手を水中深くに差し込み、ナマズの巣穴を手さぐりで見つける。ヌードラーが巣穴を探し当てるとナマズは習性で、その手に喰らいついてくるので、それを両手で捕まえる。

また、多くのヌードラーは協力者と共に漁を行う。協力者はナマズを水から引き上げたりボートに乗せたりすることを手伝う役割をしてもらう。

※ヌードラーとは、実際に漁をする人の事。

スポンサードリンク



<注意!危険性>

手探りで巣穴を探すため、手に切り傷や擦り傷を負う危険が伴う。しかし、これは手袋などの防具を身につけることによってある程度は回避できる。

ですが、防具があったとしても感染症や指の切断などのリスクは常にあるので注意。

さらに危険なのは、ナマズの巣穴に棲む別の水棲生物であることを忘れてはいけない。

実は、ナマズが棲まなくなった巣穴にワニやヘビ、更にはビーバー、カミツキガメなどがいることがある可能性があり、細心の注意が必要となる。

<スポーツで人気!?>

このヌードリング、実はスポーツとして主に、アメリカ合衆国南部で実施されている。また、最近では女性の参加者も増えていると言うから驚きだ。

<まとめ>

主にナマズをターゲットにする漁のため、かなり体力が消耗されるのではないかと思います。また、水中での格闘となると魚は、非常に強いです。

しかしなぜ、このような漁法が生まれ、現在ではスポーツとしても扱われるようになってきたのか不思議である。

もし体験してみたいと思われる方は、一度現地に問い合わせるのが良いと思います。

ご覧いただきありがとうございました。

スポンサードリンク



スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク