ダウンバーストとは?竜巻とは違う自然現象とは一体?

世間では、竜巻や台風と言った自然現象は認知されていますよね。

しかし、それ以上に恐ろしい自然現象、

「ダウンバースト」

というものをご存じだろうか?

スポンサードリンク



<ダウンバーストとは?>

ある種の下降気流であり、これが地面に衝突した際に四方に広がる風が災害を起こすほど強いものをダウンバーストとしている。

・現象

積雲や積乱雲は、通常強い上昇気流によって形成されるということが知られているが、減衰期に入ると降水粒子が周囲の空気に摩擦効果を働きかけることで下降気流が発生する。

この下降気流のうち、地上に災害を起こすほど極端に強いものをダウンバーストという。

ダウンバーストは様々な(往々にして深刻な)被害を及ぼすことが多く、特に航空機にとっては深刻で最も注目すべき気象現象である。

なお、下降気流の風速は、通常のものでも「強い台風」あるいはF1の竜巻並みの瞬間風速30m/s程度が観測され、稀にこの倍以上の風速に達する。

(ウィキペディア引用)

スポンサードリンク




・原因

発生原因としては、主に2つ

一つは、積乱雲の中で、膨大な量の水滴が落下しているため、それにより空気が押されることによる。もう一つは、潜熱、顕熱によるもの。

<竜巻との違い>

・ダウンバーストは、積乱雲の底から爆発的に吹き下ろす気流およびこれが地表に衝突して吹き出す破壊的な気流をいう。通常、積乱雲の下で発生するが、雄大積雲や塔状積雲の下で発生することもある。

そのため、予報用語としては「突風」として扱う。

・竜巻は、激しい空気の渦巻で、大きな積乱雲の底から漏斗状に雲が垂れ下がり、陸上では巻き上がる砂塵、海上では水柱を伴う。

「簡単に説明」

ダウンバーストは発達した雷雲の下で発生。

上空から空気が落ちてきて、被害地域は放射状に広がります。

一方、竜巻は空気を巻き上げて被害地域が線状に現れる。

※また、地上より海上で起こるダウンバーストの方が破壊力は高いようです。

<関連記事>

・バミューダトライアングルの謎が解明!魔の海域に何が!?

ご覧いただきありがとうございました。

スポンサードリンク



スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク