図柄ナンバープレートの種類、価格は?現在のナンバーはどうなる?

国土交通省は20日、図柄入りの自動車のナンバープレートを、来年度から希望者に交付すると発表しました。

スポンサードリンク




<期間限定>

17年10月を目途に交付を開始する予定の、2019年開催のラグビーワールドカップ(W杯)にちなんだ図柄入りの自動車のナンバープレートを、来年度から希望者に交付するとしている。また、東京五輪・パラリンピックのエンブレム入りナンバーも来年秋から交付する予定。

交付期間は、2017年10月頃~2019年頃

<現在付けているナンバーはどうなる?>

現在みなさんが乗っているナンバー取得済みの車両でも、特別仕様と付け替えが可能となっているそうです。

<種類は?>

寄付金なしと寄付金ありの2つのパターンがある模様。寄付金なしは従来のナンバープレートの右上に大会エンブレムが入る。

軽貨物を除く四輪車を対象としているため、オリンピックとパラリンピックのエンブレムがつく各1種類、2枚がセットとなっている。

また18年秋には、地方版の図柄入りナンバーも始める予定。いずれも事業用の軽を除く自動車が対象となっていて、上記と同様に寄付金付きと寄付金なしの2種類を作成する模様。

この地方版、ナンバーに地域名が表示されている116地域のうち、希望地域で実施される事になっており、国土交通省によると、これまでに鹿児島県奄美市から砂浜を描いたデザインの希望がすでに出てきているという。

このような点から、今後さらに多くの「ご当地ナンバー」が出てくることは間違いないと思われる。

スポンサードリンク



<価格>

現在検討中のようです。

予想としては、番号を選択する希望ナンバーの4000円を基本に、エンブレムや図柄のプリント代等を上乗せした価格になるのではないだろうか?

<まとめ>

あまり知られていないかもしれないが、図柄入りナンバーは欧米で多いようなんです。

また、国内では07年からミニバイクのご当地デザインナンバーが始まったおり、ただ単に車では行っていなかったのが現状のようです。

まだ、正式な受付開始時期は決まっていないが、ある程度の混雑はあると思ってよさそうです。

ご覧いただきありがとうございました。

スポンサードリンク



スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク