モナカの皮は何から出来ている?その原料や作り方を紹介。

日本の和菓子など、日本人に馴染みの深い「モナカ」。

しかし、意外に知られていないのが最中種(もなかの皮)の原料ではないだろうか?

スポンサードリンク



<モナカの原料>

原料は「もち米」。

もち米と言っても、各製造会社で厳選したものを使用されているケースがほとんど。

<作り方>

もち米を製粉して、各製造会社独自の調合・作業工程を経て完成します。その工程は、非常に説明し辛いので、家庭でも作れる方法を下記に載せておきます。

<家庭で作る方法>

これは家庭で簡単に出来る作り方です。

「材料」

白玉粉3

コーンスターチ1

水2.5

3対1対2.5で調整して下さい。

<作り方>

1、

材料をボウルに入れ、まとまって手につかなくなるまでこねる。 うまくまとまらない時は水を、ベタベタする時は白玉粉を少しずつ足して調節。

2、

同じ型(好きな型)を2つずつ用意して、Aの型・Bの型それぞれ内側・外側片面にサラダ油を塗る。

3、

生地を10等分して、それぞれ直径1.5cmに丸めてAの型の中央に入れる。その上にBを重ね、中の生地が全体に薄く広がるように強く押しつける。※重要

4、

型が浮かないように、型のふちを大きめのクリップで3ヶ所しっかり留めるか、パイの重しを 型の中に入れる。230℃に温めたオーブンで11分焼く。

5、

焼き上がったら熱いうちに型から最中の皮を外す。熱いうちに剥がさないと型に引っ付く可能性があるため出るだけ急いで剥がそう。

<モナカに注意して味わう>

モナカと言えば、和菓子かアイスではないでしょうか?

最近では、非常に多くのモナカ商品が出回っています。しかし、意外に最中(モナカ)を気にして食べる人が果たして何人いるのでしょうか?

そこで、今日からモナカ関連の商品を食べる時にモナカに注目して食べてみても面白いのではないでしょうか?

食感・味・口どけ、この様に色々な楽しみ方が「モナカ」にはあります。また、モナカの中身との相性など気にしだしたら止まりません。

これは、鍋奉行ならぬモナカ奉行ってところでしょうか(笑)
楽天リンク

私たちの身近にありながら、どうしてもメインに躍り出ない隠れた食材「最中(もなか)」一度、詳しくなってみるのもいいのではないでしょうか?

ご覧いただきありがとうございました。

スポンサードリンク



スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク