若年の低所得者層の基準は?政府が補正予算に商品券?何に使える?配布時期は?

PAK25_aozoratomachinami-thumb-1000xauto-15561

政府が、28年度補再予算案に新たな消費刺激策として、若年層の低所得者を対象とした支援策を盛り込む方針を固めたようだ。

<支援策の内容は?>

現段階で検討されているのは、生活必需品などの購入にあてられる商品券としての配布のようだ。

<何に使える?>

恐らくではあるが、私たちが生活で必要なものを買うものに関しては使えるのではないでしょうか?逆に使えそうにないのが、ギャンブルなどの娯楽ではないだろうか。

スポンサードリンク



<若年層への支援策の背景>

大きな背景は、若年層の消費の落ち込み。1月の家計調査(2人以上世帯)によると、とくに34歳以下の若年層の消費支出が前年同月比11.7%減と大幅なマイナスとなっており、全世帯平均の3.1%減と比べても落ち込みが目立っていることがあげられる。

また、低所得の高齢者に1人当たり3万円を配る27年度補正予算の臨時給付金の決定後、与野党から「なぜ高齢者ばかり優遇するのか」などと異論が出ていたことも背景にあるのではないかと思われます。さらに、この支援策を目玉として今夏の参院選に突入する可能性もありそうです。

<若年層とは?>

一般的には、20~34歳だとされています。

<低所得者層の基準は?>

一般的には年収300万円以下の人だと言われています。

<配布時期は?>

まだ、補正予算案案に盛り込まれたばかりなので、決まったからと言って即配布とはいかないと思われます。

恐らくですが、早くても夏以降ではないかと・・・。

スポンサードリンク



<世間の反応>

この補正予算案をみて、とくに若い世代から次のような疑問が出ているようだ。

「高齢者への支援は現金給付で、若年層へは商品券なのか?」

「バラマキか?」

確かに、なぜ?と考えてしまうのは分かりますが、今現在、給付額など、どのような形で給付するかも決まっていない状況なので、全ては今から決まっていく段階です。

そのため、今後の情報をこまめにチェックしていきましょう。

また、バラマキと一部で言われていますが、例えそうであれ目に見える形で分かるのですから、見えないモノより良いのではないだろうか?

<まとめ>

今回の措置で、消費底上げを見込んでいるようだが、実際はどうなのだろう?確かに、一定の効果はあったとしても持続しないと感じる。

しかし、受け取るものは受け取って大いに使って消費を少しでも回復することが大事だと思います。

まだ、具体的な支援額など決まっていませんが、今のうちから何に使うか考えて楽しみに待っていましょう。

なお、今回の記事は個人的見解が多々含まれるためご了承ください。ご覧いただきありがとうございました。

スポンサードリンク



スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク