ゴッコってどんな魚「布袋魚」?北海道の郷土料理にも使われる!?

北海道ではお馴染みの魚「ゴッコ」。この魚、函館市恵山の郷土料理「ゴッコ鍋」に使用されることでも有名。

スポンサードリンク



ゴッコってどんな魚?

名称は「布袋魚(ほていうお)」

見た目は、トラフグをメタボにした感じ。この魚、深海魚であり道南地方で主に漁獲されているそうです。

身は、淡泊で特徴は身を覆うゼラチン質の皮。その皮が非常に美味しい。

例えるなら、アンコウに近いモノがあるかも知れない。しかし、皮のゼラチン質は全然違い、ゴッコの方が明らかにプルンプルンッとしている。

見た目はどうであれ、味が美味しければいいですよね!

昔からある言葉で、「見た目が悪いほど美味しい」と言われているように。

ゴッコは、この言葉が一番似合う魚なのかもしれない。

スポンサードリンク



<まとめ>

ゴッコの食べれないところは僅かな内臓のみと言われている。意外に知らない方多いと思うが、骨は柔らかく食べることが可能なんです。また、卵なんかも食べれるようで、その食感がまた、プルンプルンの身とマッチしていて美味しいという。

そのため、卵を持ったメスはオスの価格と比べて倍近くまで差がでるんだとか。

また、皮の部分がゼラチン質ということなので、美容などにも効果があるかもしれませんね。

最後に、販売されている場所なんですが、北海道以外の他県でのスーパーなどでは、そうそう見ない魚と思われます。

ですが、近年はネット社会と言われるだけあって、すぐに購入することが可能のようでした。ですが、私が一度調べた際には販売終了というか、売り切れ状態でゴッコ鍋の隠れファンが大勢いると感じました。

関連先

ゴッコ鍋なら楽天で検索★楽天リンク

まだ、一度も味わったことのない方は一度食べられても良い一品だと私は思います。北海道の郷土料理「ゴッコ鍋」を、今週の献立に入れてみてはいかが?

ご覧いただきありがとうございました。

スポンサードリンク



スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク