ミトコンドリアを増やす「疲れが取れない・不妊」などの原因に?

近年の研究で、健康的な身体に重要な役割を果たす細胞が注目されている。

それが、

「ミトコンドリア」

スポンサードリンク




<ミトコンドリアって何?>

ほとんど全ての「真核生物の細胞」に含まれる細胞小器官。直径は0.5 μm程度で、形状は生物や細胞の置かれている条件によって多様である。球形、円筒形のものから紐状あるいは網目状のものまであり、長さが10 μmに達するものも珍しくない。1細胞あたりの数は、1つに維持されている細胞もあるが、多い場合では数千個のミトコンドリアが絶えず分裂と融合を繰り返しているものもある。

(ウィキペディア引用)

<こんな事ありませんか?>

「しっかり睡眠をとったはずなのに疲れが取れない。」

「規則正しい生活を送っているのに疲れが取れない。」

このような場合、ミトコンドリアが弱っている、もしくは数が減少している可能性があると最近の研究で分かってきています。

また、老化防止・不妊など私たちが健康で若い身体を維持するには、元気で活性化しているミトコンドリアを多く持つことが重要なようです。

スポンサードリンク



<ミトコンドリアの増やす方法>

増やす方法は、いたって簡単。ミトコンドリアを増やすためには筋肉を鍛えることが必要になります。

そのため、「有酸素運動」をすることです。

<有酸素運動とは?>

ウォーキング、ジョギングなどの運動を日常的に行う事。

筋肉ばかりに意識が行き、激しい運動をしないといけないと考えている方は違います。

筋肉痛になるほどの運動では無く、無理なく少し身体に負担がかかるくらいの運動で大丈夫です。

<鍛える時のポイント>

ミトコンドリアは有酸素運動で使われる「赤筋」という筋肉に多く含まれると言われています。

やり方のポイントといては、ただ走るのではなく以下の順序に沿って行ってみるといいかもしれません。

1.ウォーミング

2.アップウォーキングorジョギング

3.ストレッチ(しっかり)

このような流れが効率よく増やせる方法の1つかと思います。

<背筋を伸ばして増やす>

ヨガ・バレエ・日本舞踊など、姿勢をピンと伸ばし保つ運動は効果的。理由としては、ミトコンドリアは背筋にも多く含まれているからです。

また、上記のような習い事などをしなくても自身の意識付けで十分効果が期待できるようです。

それは、「姿勢を常に正す」。

日常の生活で、食事・デスクワーク・勉強といった、椅子などに座った状態の時に、背筋をピーンと伸ばし座る事を意識して生活する。

また、歩行時も背筋を意識し歩くことが重要です。

確かに、歩きやすい姿勢・楽な座り方、多々あると思いますが、それではいけません。

特に、猫背には気を付けましょう。

<まとめ>

日々の生活で、姿勢を意識して行動しようと言われても面倒くさいと思うかもしれません。その気持ちは十分に理解できますが、

「実年齢より身体だけは健康で若く」と思いませんか?

そう思った方は、明日から姿勢をピーンと伸ばして生活することから初めてみましょう。きっと、体調が良くなるかもしれませんよ!

ご覧いただきありがとうございました。

スポンサードリンク



スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク