マレーシア特殊部隊GGKの入隊試験とは?

世界で最も「ジャングルでの戦い」に強いといわれている軍隊が存在するのをご存じだろうか?

その名も「GGK」。

マレーシアが誇る超人的な集団

「マレーシア陸軍特殊部隊」

ここに所属する人たちは、私たちの想像を超える能力を兼ね備えていることは間違いない。

しかし、この精鋭部隊GGKに入隊することを認められるには、とんでもない入隊試験があると言われている。

スポンサードリンク



<入隊試験とは?>

GGKを目指す志望者たちは、3カ月にも及ぶ過酷な選考訓練を不眠不休の状態でクリアし、入隊試験を受け合格しないといけないようだ。

<GGKの起源>

GGKの起源については遡ること1965 年、インドネシア‐マレーシア間で起こっていた「コンフロンタシ 」が関係しているようだ。GGK は、1968 年に起きた第二次マレーシア危機の際に行われたジャングル戦での活躍が世界中からの注目を集めた。

GGK創設に当たっては、旧宗主国である英軍の影響を受けているとされている。

その中でも陸軍特殊空挺部隊

(SAS: Special Air Service)

王室海兵隊 第 40 コマンド

(Royal Marines 40 Commando)

上記の軍隊に大きな影響を受けているとされる。

<TVでも特集>

2016年2月29日

「世界まる見え!テレビ特捜部」

~世界の超人伝説~

この番組でも取り上げられるほど、過酷な入隊試験のようです。

スポンサードリンク




<まとめ>

各国の軍隊、日本でいう自衛隊のような組織があるからこそ、世界が平和に保たれている。彼らの日々の訓練は、世間の方々の想像を絶するものがあるでしょう。その中でも、特殊部隊は、限られた人材のみを集めた集団。

どうやったら、あのような訓練をやりきれるのか不思議でたまらない。やはり、そこには国の平和を守る「心・愛・精神」があるのかもしれません。

そんな世界各国で平和を守ってくれている方々に感謝しつつ、これからも世界平和を維持し続けて行ってもらうことを願っておきましょう。

ご覧いただきありがとうございました。

スポンサードリンク



スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク