火星移住計画の理由に、地球が「氷河期」に突入する可能性?

一般的には、信じられていない「火星移住計画」。2030年頃から徐々に移住していくというプロジェクトだが、何故このようなプロジェクトが始動し始めたのだろうか?その理由には、驚くべき見解があった。

スポンサーリンク



<氷河期への突入>

有名な話で、恐竜を絶滅させたのが、この「氷河期」というものですよね。実は、地球では過去4回の大きな氷河期があったと言われています。現在私たちの生活する温かい環境は氷河期と氷河期の間の間氷期というところとされており、この間氷期が2030年頃から終わりを告げ、ミニ氷河期へ向かっていく可能性があると科学者たちが懸念を示している。

それによると、太陽活動は2030年代に60%低下し、1645年に始まった小氷期と同じような状態になるという。

さらに、地球温暖化が叫ばれる世の中だが、科学者たちの研究によると、近いうちに地球寒冷化がはじまり、それが21世紀半ばまで続くだろうとも言われております。

ですが、あくまでも「予想・仮説」の段階なので真偽は分からない。しかし、この見解には過去の太陽活動周期などを元に考えられているものなので、何とも言えない感じだ。

スポンサーリンク




<まとめ>

表には出ていない「氷河期突入」の話。実は、別の世界では知られている情報という説もある。もし、氷河期に突入というニュースが流れると世界は大パニックになるだろう。そんな混乱を招かないようにする為とも言われているようです。

また、火星移住計画ではすでに「人選」が行われているという噂まで出ているほどです。これが事実としたら恐ろしい話ですよね・・・。ただ、現段階では移住計画が予定通りに行くのかは分かりません。

今回の話は、あくまで「可能性」のある話なので聞き流す程度にしておきましょう。

人生というものは、いつ何が起こるか分かりません。だからこそ面白いと言う反面、不安が付きもの。ですが、そんなこと考えずに日々の生活を楽しく過ごすことを考えていきましょう!!

ご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク



スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク