ディスレクシアの症状とは?対策はある?

脳の障害が原因とされる「ディスレクシア」。老若男女問わず起こりうる「学習障害」の一種とされている病だ。そこで今回は症状と改善方法についてご紹介しよう。

<ディスレクシア症状>

病と言っても、一般的な理解能力・知的能力などに特に異常がない。

「聞く」

「話す」

「読む」

「書く」

「計算する」

「推論する」

これらのいずれかが、著しい困難をきたしている状態の事のようです。しかし、間違ってはいけないのが、「全てが困難ではない。」と言う事。

スポンサーリンク



上記に述べたカテゴリーのいずれかが困難だったりすることが多いようです。特に、ディスレクシアと診断されやすいのは「読む」というカテゴリーと言われている。

<対策>

カテゴリーにより、対策は様々であるが、ディスレクシアの方は自分を攻めてはいけない。「字が読めない。」「努力がたりない。」など、決して思ってはいけない。そのマインド(考え方)が一番良くないと考えられる。なので、まずは恥ずかしがらずに家族相談することをオススメします。

また、これらの障害を抱えた人々をサポートするために、読めない文字そのものを音声化して理解させる工夫があるという。逆に聞くことが困難な方には書いて教えるということもできる。大切なのは、この病を理解して接していく事が重要不可欠である。

<まとめ>

このディスレクシアという病は、簡単には理解できない。主に「読み書きが出来ない」ことが症状としては多いと言うが、実に様々。そのため、心当たりがある方は、専門医を受診することが改善の近道である。

特にデリケートな子供の場合は、気をつけてあげましょう。間違っても、「勉強出来ない子」などと言ってはいけません。やはり、なんの病でもそうだが、本人が望んでかかるものではないからです。もし、上記のような方がいたら救いの手を差し伸べましょう。

「読み書きができないから僕は・・・」と思われている方は、もしかすると病に陥っている可能性がありますから、すぐ病院に行かれて適切な対策を考えていきましょう。

今回の記事があなたへ、少しでもタメになれれば嬉しく思います。

ご覧いただきありがとうございまし

スポンサーリンク




た。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク