はるひ(HARUHI)、「ひずみ」映画主題歌でデビュー。何歳?歌唱力がヤバイ!

いよいよ2016年5月に、規格外の新世代アーティストが華々しくデビューすることが決定しています!!彼の名は・・・

「HARUHI」

なんと!?

若干16歳というから驚きだ。

<デビューまで>

HARUHIは1999年ロサンゼルス生まれ。13歳から楽曲制作をスタートしたそうで、その歌唱表現力や楽曲制作力が規格外なため注目が集まり、16歳という若さで映画「世界から猫が消えたなら」主題歌に抜擢されたんです。

主題歌の曲名は「ひずみ」。とても心に響く楽曲となっている。

スポンサーリンク




<世間の反応>

この映画の特報を見た人から、「主題歌を歌っているのは誰?」などの書き込みが殺到し、ネット上で「何歳?」「男?女?」などと早くも騒ぎだしているようです。しかしながら、現段階では、HARUHIさんに関しても情報は非常に少ない状況です。

分かっているのは、2016年1月20日より、HARUHIオフィシャルサイト、Twitter、Facebookが開設されたということなので、今後の情報に期待しましょう。

また、「世界から猫が消えたなら」の原作:川村氏、監督:永井氏らも、彼の歌唱力について絶賛している。

<川村元気氏>

「三年前、僕はイヤホンを指で押さえながら震えていた。はじめてHARUHIの歌を聞いたときのことだ。すぐにこの声に映像をつけて、大きなスクリーンで観たいという衝動にかられた。子どものような無垢な声で、大人を超える深い表現をする。女性の繊細さがありつつ、男性の力強さがある。規格外のスケールを持つ新人があらわれたことに心の底から感動していた。あの衝撃から三年、今まさに夢が叶ったことを本当に嬉しく思っている。」

<永井聡氏>

「物語を伝えるかのように歌い、一瞬にして曲の世界観に引き込むHARUHIの声。微笑んでいる少女のような、泣いている少年のような、不思議な感覚にさせてくれる。僕は1小節聴いて、彼女の起用を決めた。映画のエンドクレジットは、ただのスタッフ紹介では無く本当のラストシーンだと思っている。HARUHIの「ひずみ」は悲しい物語に希望と安らぎを与えてくれた。」

どうでしょうか?

このように、映画監督の方々にも大絶賛されている歌声。非常にHARUHIさんが創り上げる楽曲が楽しみで仕方ありません。

<まとめ>

デビュー前ではあるが、これだけの注目を集める歌手はそれほど多くはないでしょう。ましてや、16歳という若さ。普通なら高校で「子供からようやく大人になってきたね」という年齢。そんな年齢を感じさせない歌唱力には驚きしかない。まるで女性のような清純な美しい歌声、その中にある力強い男性的な一面。まだ、一度も聞いたことのない方は是非チェックしておいた方が良いかと思います。

5月にデビューを果たす「HARUHI」のこれからの活躍に注目しておこう!

ご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク



スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク