茨城県美肌事情。美肌グランプリ最下位、実は「肌荒風」が影響している!?

みなさんは「ニッポン美肌県グランプリ」というイベントをご存じでしょうか?その名の通り「肌の美しさ」を決めるイベント。

なんと!?

47都道府県で1年間にわたり集めた女性の肌データ(約73万件)をもとに、肌のうるおい、ニキビ、シミ、くすみ、毛穴、キメの6項目の合計値から美肌偏差値を算出し決められている。


スポンサーリンク





そのグランプリ2015で屈辱の最下位となったのが「茨城県」。過去ずっと良い結果の出ない茨城の美肌事情を調べてみた。

<茨城県美肌事情>

調べていると、どうやら「肌荒風(はだあらしかぜ)」というものが影響しているという。

「肌荒風とは?」

その名の通り、お肌から潤いを奪う風のことと表している。大きく分けると、

高い山脈を超えてくる乾燥した

「山越型の北風」

狭い平野を通り抜ける

「突風型の強風」

この二つがあるようです。

肌が潤うポイントは「空気中の水分量」と言われており、グランプリTOP10常連の島根県と比較すると80%ほどしかないようです。茨城や群馬などは「空っ風」と言って空気に水分が無い風が吹くと言われるくらい有名なようです。やはり感想は肌の大敵と言いますが、まさにその通りの結果と言う事でしょう。

また、世間では一部の方が「北関東は美人が少ない」・「美肌じゃない」などと中傷的な言葉を言ったりしているようですが実際はそうではなく、気象・地形などが大きく関係していると思われます。

<対処法>

やはり、一番大事な事は「保湿」。肌を乾燥させない事が最優先なので、美容液・保湿クリーム、さらに顔のマッサージを日々続けることが一番でしょう。また、ストールを巻いて顔に風が当たらないようにするといった事も出来るようなのでチェックしておこう!!

最新美容液を今すぐチェック!楽天

<まとめ>

結論から言うと、美肌であることは女性であれば憧れであることは間違いない。しかし、美肌を極めるにはお金と時間も必要になってくるため、出来る範囲で十分ではないかと思います。それより大事なのは、「心」であると思いますので、そちらを磨けば人間として輝く。それが一番良いのではないでしょうか?心が美しくなれば見た目も変わってくる。女性の「美」へのこだわりは男性に理解できない領域。全国の女性の方々の美肌への頑張りを応援いたしております。

ご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク



スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク